2007年12月30日

おにっこ

かなり前から気になっていた
「うる星やつら・新装版」
DSCN0171.JPG

1〜10巻うっかり大人買い。
ちまちま読んでいたのですが、年内にやっと読了。

第1話が掲載されてからもう30年(!)近く
なるというのに、今読み返してみても新鮮。
キャラの一人一人が生き生きと勢いがあって
引きつけられる面白さ。

仕事でマンガを描いているので
間の取り方とか、展開とかとても参考になります。
(…4コマだし、元ネタありきなので
おこがましいのですが…最近煮詰まってるので…)


「うる星やつら」といえば、我が青春の漫画。
新装版では、色々な漫画家さんがラムちゃんを描いていて
それも楽しみの一つ。

小学生の頃、学校前の本屋で立読みして
こゝろを射貫かれて以来すっかりハマり
友達が少女漫画で涙しているのを横目に
お小遣いをためてはコミックを買い集め
雑誌のページを外して、新刊が出るまで我慢し
我慢しきれず、他の作品も読み出して
すっかりどっぷり、る〜みっくわ〜るどの住人に
なっていた私。

どちらかというと、人魚シリーズなどの短編の方が好きでした。

もちろん、似顔絵も描いてました。
当時のノートや教科書は
ラムちゃんやランちゃんやコタツネコやチェリーや。

lum
でも、今思えば、自分で盛り上がって満足してたけど
当時まわりで賛同してくれる人いなかった気が…
かなり変なやつだったのかなー…


posted by obaoba at 23:35| Comment(0) | おかいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。