2013年09月07日

ポン太のこと

ponta001.jpg
ポン太がうちにきたのは、15年前の初夏の事でした。
当時実家で飼っていた犬がやけにワンワン騒いでいるなと見に行くと
犬のご飯をがっつくやせこけた子猫が一匹。
近寄るとシャーーっと威嚇しつつ、犬に甘える子猫と戸惑う犬。
ナウシカのように怖くない怖くないと徐々に手を伸ばすと
ちょっと考えて(そう見えた)手にすり〜っとすり寄ってきたので
その瞬間にポン太はうちの子になりました。
ponta002.jpg
おなかにカエルや蛇を食べると発生する厄介な寄生虫がいたり
耳にやけどの跡があったりと過酷な環境を生き抜き
台風の前の日にうちにきたポン太は強運なネコでした。
ponta004.jpg
一ヶ月前に同じようにうちの子になったケロと姉弟のように
毎日仲良く転がり回り、いたずら好きで驚くくらい頭が良くて
とても甘え上手で、もちろんとてもかわいい
ほんとうにかわいくすくすく元気に成長していきました。
ponta006.jpg
トイレもすぐ覚え、脱走防止に引き戸につけた鍵を開け
一回ダメと教えたら、けして人の食卓に手を出さなかった
とっても頭のいいコでした。
ponta005.jpg
その後ケロも一緒に新居に移り、二人と二匹で仲良く暮らし
本当に穏やかでしあわせな日々でした。
ponta007.jpg
数年前、鼻づまりになって治療をしたのですが
そこからポン太はちょっとづつ体調を崩す事が増えてきました。
ponta008.jpg
年に一回くらい鼻を詰まらせて病院に通い、それがだんだん数ヶ月おきになり
鼻が詰まっているせいか呼吸が苦しそうで、つらそうでした。
ponta009.jpg
血液検査したところアレルギー反応があったので、アレルギー性の鼻炎だろうという事でアレルギー対応の食事にしたり、注射やお薬などの対処療法でだましだましな感じできていたのですが、そのうち隔月くらいで通院するようになっていきました。
一時胸に水がたまってしまい、危なかった事もありました。
ponta010.jpg
そして今年に入って急に体重が1.5kgくらい減ってしまい
そこから急に弱々しくなり、毎月通院する程になり
6月には一時呼吸困難になってしまいました。
その時はすぐに持ち直し、治療のおかげかすぐに回復して
食欲も元気も出て、よかったな〜と一安心したのですが
今になってみると、どうしてこの時にちゃんと設備のある病院で
しっかりと検査をしなかったんだろう…
長い事煩っていたせいで
もしかしたら、何か重大な病気になっていたのかもしれない。
もしかしたら、治療方法があったのかもしれない。
私は、多分目を背けていたんだと思う。

具合が悪くなってからのポン太は、いままでのすぐに人の膝や布団にもぐり込んでくる甘えん坊から一転して、なんとなくみんなから距離を置き、あんなに仲の良かったケロにも少しうざそうな態度で、一人で台所にいる事が多くなりました。
それでも、朝は顔をぐいぐいひっかいて起こしにきたり
仕事してるとひざに乗りたい〜って甘えた声を出したり
おなかをなでればゴロゴロいって
くるんとおなかを出したり、甘えん坊でかわいいポン太でした。
ponta011.jpg
その前の晩もだっこしてお布団につれてくると
しばらくおなかの上でゴロゴロといいながら寝ていました。
そして、翌21日早朝、イベント参加のために支度して出かける間際
なんだか息が荒いので、導入していた酸素を吸わせたりしているうちに
どんどん呼吸が困難になり、急いで24時間やってる病院に連絡して
タクシーで向かっている途中で呼吸が止まり
病院での蘇生処置のかいもなく
ポン太は虹の橋を渡っていってしまいました。

今日はポン太の49日でした。

考えれば考える程、後悔ばかりがわいて出て
自分たちの浅はかさと傲慢さと意識の低さに腹が立ちます。
でもどんなに後悔してももう戻ってこない。

しあわせだった頃を思い返すと、いなくなってしまった今が
つらくてつらくてしかたがないけど
ポン太と過ごした日々は本当に楽しくてしあわせだった。
ポン太はしあわせだったかな。
ponta012.jpg
しあわせだったらいいな。
今頃は、ちっちゃい頃一緒に過ごした大好きなミーおじさんや
サクラやプーたちと遊んでるのかな。
猫は死ぬと猫の山に修行に行くんだっけ?
修行して、もしまた一緒に暮らしてもいいなって思ったら
帰ってきてくれたらいいな。
それか、私が行くまで待っててくれるかな。

ケロもしばらくは不思議そうにちょっと探したりしていたけど
今は落ち着いてきています。
これからはポン太の分もケロの事を守らないと。

ポン太、大好きだよ。
またいつかきっと会おうね。


posted by obaoba at 23:53| Comment(0) | ねこばか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。