2012年09月11日

ねんがんのばーなーがてにはいったぞ

キッチンバーナー工房始めました。

といっても、エアバーナー。ソフトガラス用。
barnar1.jpg

ソフトガラスはいつも使っている硬質ガラスとは違い
トンボ玉などに使われる、比較的低温で溶けるガラス。

barnar2.jpg
手作り感あふれる小道具たち。
念のため足下には耐火マットを引いてマス。

本当は、酸素バーナーを置きたいんだけど
設備もそれなりに必要で費用もかかるし
なにより今のスペースじゃあちょっと危険。
でも、ソフトだって素敵な作品がたくさんある。
何より家でもガラスが溶かせる事が嬉しい。

いきなり酸素バーナーから入ったので、ソフトガラスは初。
ホントに基本的な事だけ教わって、後は本を見ながら
どんなもんだろうと始めて見たら、いやぁ全然勝手が違って
扱いが難し〜。
酸素のガラスと違って温度差に弱いので、余熱重要!と言われてたのに
うっかり余熱不足でパシーンと先が割れ飛んだり
(尖ってるし高温になってるので、すぐ拾わないと危険)
火に入れすぎてぐなぐなになって垂れたり。

そして、換気してるとはいえ、暑い!
保護のためエプロンして眼鏡してタオルでマスクして
頬っ被りしてるのもあるけど、台所中が蒸し風呂のよう。
いい汗かいてます。

それでもいくつもいくつもガラスをまいてまいて
obaobaglass_062.jpg
ちまたで噂のヤツとか
obaobaglass_064.jpg
ネコ玉とか(右がケロ玉左がポン太玉)
obaobaglass_063.jpg
ちょっとかわいいやつが作れるようになってきた。

模様入れたりはまだ全然へたくそだけど
酸素バーナーで培ってきた技術が少しは役に立ってるのかな。
楽しくなってきたぞ!

ただ、心配な事が一つ。
こいつ↓
pontan.jpg
台所にいるとなんかおいしいものが出てくるんだと
(普段あげてないですが)ちっちゃい脳みそで学習してるので
足元に来たがってとてもあぶない。
寝てるスキとかに始めるんだけど、いつの間にか起きてきて
どうにかして足元に滑り込もうとするので
その度中断してどかして、ってのも大変なので
先日は段ボールでバリケードしたんだけど、器用に開けて入ってくる。
固定しないとだめか〜。
やっぱ専用の工房欲しいよ〜〜。


posted by obaoba at 10:00| Comment(0) | くらふと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。